FC2ブログ

プロジェクト×××

セックスレス!?いえいえ、プラトニックです。

夫婦、御猪口な二人

平成31年、始まりました。

年末年始休暇は、静かに在宅してました。
どっちの実家にも行かず、家事をしながら、仕事の夫の帰りを待つ6連休。
なかなか退屈してました。

そんな中、楽しませてもらったのが、年賀状

毎年、1年間の撮りためた写真を厳選し年賀状を作成していた夫は、喪中でもないのに年賀状出しませんでした。
出さないどころが、いつもの友人達からきた年賀状にも触ろうともしない

どうしたものか、と思いながらも、妻は妻なりに年賀状から元気を貰っていました。

凝った年賀状、いつものそっけない年賀状、おめでとうといいたくなる年賀状、思わずくすりとしてしまう年賀状

同級生からの新年度の抱負メールに、あちらさんは何と気持ちが若いことかとしみじみしました。

それらの年賀状を見て、私も久しぶりに年賀状デザイン
パソコンにかじりついて、時間も忘れ、あの友人、この友人へ。
ちょっとづつ違ったデザインで。

貰った年賀状への返答をそえて。

これはなかなかいいなと思った。
年賀状って、互いにほぼ同時に貰いあうので「どうしてる?」等の返答や、デザインへの感想ってうやむやのままになってしまうことが多いからね。

あと、喪中年賀状をださないっていう大人のルールもいいなと思った。
すっかり年賀状だけの関係になって辞め時不明場合、喪中をはさむことにより、清算できていると感じた。
お互いすっきり。

こんなに年賀状にいろんな思いを馳せる年ってないなと思った年初めでした!

-----------------------------------
編集後記

義姉からの年賀状に①姪の第2子妊娠、②甥の婚姻朗報!!
おめでとう~ございます!

特に甥の婚姻を知り、いそいそとご祝儀の準備をしていた時、
あ~、良かった。
私にもまだ人を祝おうとする気持ちがちゃんと残ってて。
と、嬉しくなりました。

やっぱり、の後輩への祝いたい気持ちがないのは・・・
快進撃を続ける後輩への嫉妬心からかしらん。
心狭い先輩ですわ。

-----------------------------
編集後記の後記のわりに本題

昨夜は新年会でした。
「同僚で41歳で自然妊娠した人がいるから、まだまだ諦めないで」
と、言われ、思わず
「ご主人はお幾つの方?」
と聞いてしまった。

ちょうど読んでた記事に、卵子の老化もあるが、精子の老化もある。
で、先天性疾患発生リスクアゲアゲと。

そして、「自然妊娠」って・・・
夫婦の営み現役ってことですやん。

いやいや、うちは現役どころか、結婚13年、まだ初夜も迎えてないですから。
なんというか、先の長い話でして。ハイ。

でも、夫が大腸癌で死ぬ前には一発やってみるかな。

注意:大腸内視鏡検査はこれからなので、癌かは分からないけど。
    夫はすっかり自称ウツに加えて、自称 末期癌
---------------------
スポンサーサイト

夫、すでに就寝

大変、大変、もうこんな時間。
大晦日なんだよな~
と、やっと実感。

今年は、心身ともに病んでた割りに仕事面評価されていたように思う。
堅実な仕事に安心したり、不安になったり。

もともと意地が悪い私だが、いよいよ年を重ねて意地が悪くなったと思うこともしばしば

40代バツイチ子持ち。フランス人GET!子作り話しも!!
⇒40代で出産って・・・リスク高すぎ。

80代のご近所未亡人。からの終活(在宅死&遺産あれこれ)の相談
ややこしいことになってきたな。
  下手するとご親族に私がたぶらかしてると思われるし。

30代の後輩、ついに筆降ろししたからプロポーズ
つまらんなぁ。結婚式よばれても、よばれんでも何だかなぁ
  出費が痛し。

50代。健診の結果、要再検便潜血(+)(-)
⇒まぁ、大丈夫でしょう。大丈夫じゃなくても、夫の希望通り早く逝けていいやん。
 早く逝けるのは羨ましい

80代大阪のお姑さん。年末年始孫娘と旅行
⇒これで年末年始は大阪、行かない決定
 ?納骨のお舅さんは独りぼっちで留守番


昨日、数ヶ月考えていた土鍋をやっと購入
お店を出た数分後、駐車場で落として、真っ二つに割れた
・・・何これ、気持ちいぃ痛快っ!!

いつもの私ならショックで脳内が凍る展開なんですが。

帰路の道中、車のハンドルを左右に切る度に、箱の中で鳴るカラカラ音
それもいとおかし

さあ、来年はどんな年になりますかな。
何だっていいよって気もするし。
何か自分を取り戻せる何かがあればいいなって気もするし。
人を妬んでばかりもつまらんしね。

本年もありがとうございました!

------------------------
編集後記

毎年、正月にだけメールをする、昔、カンボジアで仲良くなった邦人男性(現在日本在住)がいる。
「正月だけメール」は20年位続いてる二人の恒例行事。
お互いの1年総括を報告しあう場となっている。
旅仲間の心の近さはじんとくる。



妻、再起

ろうほう朗報!!

治りました!!
軽い♪

以前のは重かった。
そして聴こえがおかしかった。
耳鳴りもずっとあった。

それで、そんな状況にすっかり腹もすわり「もう、一生このままでも、しゃーない」諦めた
仕事も毎日できるし、入眠もスムーズだし(ただし、耳鳴りで朝方起こされる)、なかなか様々な言い訳に役立つし(聴こえないふり&人付き合い回避)。

と、思っていたら、とたんに終了した。

処方されたを飲み終えたから?
地道な鍼治療が効いたから?
が妻を労わってくれたから?

・・・実は、なくなった前夜、はテレビでみた、「僧帽筋の下ストレッチ」を数秒していたのだった。
それは両手を腰に< >こんな感じに当て、そのまま肘を後ろ&下方向へ僧帽筋を搾るようにぐっと引く、というもの。

それだけで、私の首がストンと、憑き物が落ちたように軽くなったのだ。

にばかされたような気分。
私に足りなかったのは、僧帽筋の柔軟性だったのか!?

このストレッチは即効性がある為、首凝り症に大変重宝している。

は今回、を患い、から離れた僧帽筋の大切さを学んだ。

・・・物事も案外こんなものなのかもしれない。

そして、患者さんの気持ちが良く分かった。

聞こえにくい方の気持ち。
毎日飲んでいるはずなのに、数が合わなくなる不思議な現象のこと。

耳、ありがとう!!

-------------------

編集後記

も、ありがとう

の好きなカフェ温泉巡りに、少ない休みをさいて連れてってくれました。
あらいぐま(?)が現れた静かで美しい良泉のあの露天風呂、また、行こうゼ




夫、いもづる式

だ!仕事だ!!

週間、休みなく働いている。
そして、隔週おきに出張している。

その合間に、干し柿を作ったり、さつまいもを掘ったりしている。
食用菊の花の収穫→加工をしている。

冬に向けてせっせと保存食をつくる。
今年は酷暑無休勤務の為、畑の実り少ない
冬野菜生育かんばしくない

と、いうことで、がさつまいもの『つる』に手を出した。
普通なら捨てる『つる』
これを捨てずに保存食用に干してみる。

干し場と干す道具(網)に困ったは、網戸に手を出した。
網戸をはずし、二階の風通しのよいところに少しの傾斜をつけて立てかけた。
そこに『つる』を広げてみる。

夫婦の共同作業、カビてしまわないことを祈る。

も、ススキも、柿すだれも美しい
左耳は完治とまではいかないが、まぁ治ってきている。
今日は特にバッチグーだ。
左耳を理由に1件宴会回避したし!

の好きなタマゴボーロの手作りにも成功した!!

足りないのは、クリエイティブなこと。
にも仕事にも人生にも、少なくとも私にとって創造という芸術がないことは無味

生きていてもがしない。


-----------------------------------
編集後記

そんな味がない生活を約年過ごしている。
しかし、その生活は安定していて、それなりに周囲にも認めてもらえている不思議

それをなだめすかして生きていくのが世の常か。

幾つになっても大人になれん、38歳。
哲学

妻、聲の声

謎の左耳パピプペポ病は・・・
「急性低音障害型感音難聴(ストレス性難聴)」
と診断されました。

ス…ストレスとな。

「ない」ような「ある」ような。
某カミート・メイトのことだろうか(先月のブログ参照).....

職場の部屋換えのせいだろうか。

酷暑遍路による疲れが今頃やってきているのだろうか。。。

分からない。
でも、今、ここでなる位なら、過去、両耳難聴になってもいいくらいストレスあった時あるよね?!

そして、西洋医学って本当そっけないものだと実感。
例えると、夫婦という体裁だけでなんとかもっているような夫婦というか。

ステロイドを内服すること2週間、その後、念の為(患者を安心させる為か)のMRI検査、それで30日分の薬をどっさり処方し。。。
1ヶ月後、再診って。

医療事務をして2年半。
お世話になっている西洋医学ではあるが、やっぱりちょっと物足りなさを感じる。


良い機会なので、東洋医学も試みる。
元々、私の思想はこちら側ですし。
初挑戦の鍼灸院

1時間半、ほとんどみっちり一人の針灸師さんが診てくれた。
最初に問診。(西洋医学はこの当たりがさっくりしすぎ)
次に、直接身体全体をさわり、体質と今の状態を見極め、伝え、施術に移っていく。

意外と現代っぽい医療器材も使用。
もちろん、鍼もうっていく。
本当に痛みはないが、首はチクっとした。

不思議な安堵感があるよ。

でお代は自由診療(10割)の為、初診料込み約4500円。

ちなみに、耳鼻科でも薬局で薬を貰うと結局毎回、この位になる。
保険診療(3割)だというのにね。
しかも、診察後のむなしさっといったら格別だよ。

鍼治療はまだ1回しかうけていないので、今後どうなるか。
慢性疼痛の疾患ならば、医師からの同意書があれば保険診療で施術が受けられる。
どうか、耳の治療も(現在は患う人、多し)その対象となってほしい。

と、いうか、日本なんだから、東洋医学をしっかり守っていくべきだと思う。
いまや西洋にも大注目東洋医学なのだからね。
医療業界の闇みたいなものを感じるゼ。

医療事務をして、レセプトチェックなんかしていると、
「おいおい、どんだけ薬のむねん!」
って、画面みているだけで気持ち悪くなるような患者さんがいる。

これは薬のせいで病気を増やしているのでは?
私はたった5種類の薬だったけど、薬の管理(飲む時間とか)とか、費用とかがストレスだった。
薬で腹が膨れる感じがあるし、味覚がよろしくないし。

心身がすんなり受け入れてくれないんで、処方された薬を勝手に中止している

自然治癒力自己防衛力が衰えたり諦めたりしている患者さんは多いと思う。
そういう人は良くなる方が難しいわけで、薬も増えていく。
そして、死ぬギリギリまでにつながれ、自分が望まない姿を人にさらすハメとなる。

これから2人に1人が高齢者となる時代がやってくる。
日本は、医療は、税金は、年金は・・・そして看取られ方は・・・
大きく変わっていかねばならない。

----------------------------
編集後記

カミート・メイトから9月入ってから「明日、そちらのエリアに行けるけど・・略」ってメールを頂きました。
耳のことと「Dr.から休養を」と言われていると伝えると、、、
※正確には「疲れないこと」と言われた。

鍼治療はどう?」とまさかの西洋人から勧められました。
そして、「その後の様子をメールほしい」という温かいお言葉と、お見舞いのオーガニックの八女茶を贈ってくれました。

いい人なのは知っている。
だけに、ね。
私が性悪なだけなんですよ。
でも、ここまできても、やっぱり、今回は会いたい感じがない。
すまぬ。

知恵熱的(!?)に耳を患うこととなり、いったいは私に何を訴えているのか。
今しばらく傾聴していこうと思います。

--------------------------
編集後記の後記

遅ればせながら、アニメ映画『聲の形』をテレビで見ました。
ちら見のつもりが、ガッツり見入ってしまった。

同じ頃、人気を博していた『君の名は』より、ずっといい!

タイトルセンスもだし、内容も、メッセージ性も分かりやすい。
『君の名は』はちょっと分かりにくい。
音楽は『君の名は』に軍配があがるが。

勢いで図書館に漫画を借りに、仕事日の昼休みに行きましたよ。
制服で。
しかも司書の方、当院の患者さんやから、めっちゃばれてる。

で、これで心揺さぶられた数日後、私も耳を患うという。。。。
(『聲(こえ)の形』は難聴の女の子と元いじめっ子の話)

にんともかんとも、にんにん

 

 | ホーム |  »

FC2Ad

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる