FC2ブログ

プロジェクト×××

セックスレス!?いえいえ、プラトニックです。

夫婦、新しい1日。

2014年12月17日(水)

この日は、私達夫婦にとって、特別な1日の始まりとなった。

夫が会社から解雇を告げられたのが一昨日。
そして昨日、会社の後輩朝の8時~夜の7時まで我が家で遊んでいき、若い子の無邪気なパワーを分けてもらった。

しかし、食がすすまない、夫。
そして、妻。

布団の中でも眠れない、夫。
そして、妻。

私の退職は予定通りなので無傷だが、50歳間際の夫にとって、解雇は、例え覚悟をしていたとしても女の人が思う以上にダメージがあることだろう。

実は、私は数日前からそのような気がしていて、夫にふざけて「あんた、クビかもよ」と言ってからかっていた。
それほど会社の業績は悪いのだ。

しかし、私の退職後のスペイン巡礼(徒歩800km)一人旅は予定通り行う。
これは夫も承諾してくれている。(さすが我が夫)

今朝、寝たとも寝てないともつかない私は、異様に頭がすっきりしていた。

妻「おきてる?」
夫「うん」

私は夫に告げた。

子供がほしいと先日言ったけど、今、はっきりとそれは私の35歳目前にして女性の本能が言わせたものだと確信したから、気にしなくていい。

35歳を超えるとリスクが高くなることを、自分なりにいろいろな本を読んで考えてみた。
結論としては、私はきっと、障害児が生まれたら、きっと愛しぬくことも、自分達が死んだあとに残されたその子の人生にも責任を持つ自信がない

セックスレスは事実だけど、そのことで私は悲観したことはない。(実際はこのようにネタにして愉しんでいる)
むしろ、セックス無しでこれだけ信頼もあって関係を続けらる伴侶にめぐりあえたことが奇跡的だし、真実だと思うし、誇りに感じる。

夫は布団の中で聞いてくれていた。
いつもの聞いているか聞いていないのか分からない無い態度ではなく、明らかにきちんと聞いていてくれた。
そして時々、「うん」と小さく答えた。

何の涙か分からない涙が次々とこぼれていた。
鼻水もでっぱなしだった。
しかし、夫も私も静かに夫婦の時間に向かいあっていた。

それから、ずっと言えなかった、私の過去のことを打ち明けた。

19歳の時、当時付き合っていた人との間に子供ができたこと。
私が願えば生むことも、家庭をもつことも叶っただろう。
しかし、私の中は答えは一つしかなく、その迷いなき答えを出す自分に想像以上に泣いた。
せっかく私を選んできてくれた赤ちゃんは、母である私一人の決断で、生まれることがなかった

だからの今、なのだと思っている。
19歳の時、私は与えられた母親になるチャンスを自ら放棄したのだ。
そんな女に再びきてくれる子はいなくて当然。
当然の報い。

その代わり、私はその時から創作活動を始めた。
その子が私に与えてくれた私の本業。

10人夫婦がいたら、5人くらいは子供が授かるだろうか。
私はその5人にはなれなかった。
しかし、生涯の伴侶を得、ライフワークも得ている。

一生の自分の伴侶やりたいことに巡りあえない人もいるなかで、そのどちらも得ている。
決して不幸とは思わない。
むしろ、19歳という早い時期から、どちらもそこがゆるがないでいる人は、10人に1人いるかいないかのことだと思う。

私はつくづく幸運だ。と。

夫は最後まで聞いてくれていた。
夫がふざけずに聞いてくれたこと、変ななぐさめや、とりつくろいを一切しないでただ聞いてくれたこと。
本当に嬉しかった。

過去も、現在も涙も鼻水もさらけ出した
ついでに、お互いのヘソクリ額も公開しあった。

この5年半で妻もそれなりに貯めこんでいたが、夫は予想の5倍は貯蓄していた。
少しでも私に残してやろうと思ってくれていたそうだ。

ギャンブルはしない。
女遊びはしない。
タバコはしない。
病気もない。

充分だ。
私にはすぎた夫だ。

これからも末永くどうぞよろしくお願いします


青年期の卒業一人旅を計画中。
サンティアゴ(スペイン)巡礼のガイド本。
これを携え行く予定。



こちらのパープルを今回の旅の相棒①にしました。




そして相棒②。
初めてのミドルカット。
慣れるまでまだしばらく時間がかかりそうです。




スペインで①と②を見かけたら、きっと、それは私です!




-----------------------------------------
編集後記

「ブログランキング」のカテゴリ「赤ちゃん待ち」をはずしました。
「セックスレス」のみにします。

「プロフィール」文も変えます。





スポンサーサイト



妻、周辺の秋の空

私達夫婦が相変わらず化石のようなプラトニック生活をしている横で、同僚達の恋の行方刻一刻と変わっていく

こののように


ファイル①
****2歳年上の同僚の場合。

不倫中です。
妻子ある同年代の昔からの知り合いと1年前から肉体関係を続けています。
私の予想では彼女は初体験だったと思われます。
どっぷりです。
でも彼女もいい年なので、分別があります。
例え、妻子と別れるつもりがない彼が、
「おまえと結婚すればよかった」
とか、
「おまえが他の男と結婚してもかまわない。
けれども、自分の子供を産んでほしい」

と、甘くささやいても、
―この関係はいつか終わる関係―
と彼女は自分に言い聞かせ、
「もし妊娠したら、シングルマザーで育てるよ」
と笑い飛ばしています。
痛々しい・・


ファイル②
****10歳年下の同僚の場合。

別居寸前です。
当時貞操を貫き遠距離恋愛をしていた彼を友達に紹介された後輩。
ぱっくとチェリー君肉欲の世界に陥れ、さくっと略奪。出会って2ヶ月後に同棲開始
すかさず彼女は彼を両親・親戚に紹介し、すっかり公認の仲へ。
同棲1年が無事に過ぎると、彼女は結婚を視野に入れる
しかし、彼は正社員で勤めていた会社を辞め、夢を探しに旅に出ることを決めた。
後輩は地元が好きだし、離れるつもりもないので、ついていかない決断をした。
涙の話し合いを重ね、
「6年たったら、夢を現実にし、迎えにくる」
と彼は誓った。
6年……。
すぐの結婚を望んでいた彼女に6年という歳月は重くのしかかる。


これも愛♪
あれも愛♪
たぶん愛♪
きっと愛♪

『愛の水中花』
歌手:松坂慶子
作詞:五木寛之




---------------------------------------

編集後記

前回、「拍手の君」 2人にお礼を書いたら、「拍手の君」が3人に増えていた!

ポケットの中にはビスケットが一つ♪
ポケットをたたけばビスケットは二つ♪

みたいな、ありがたき現象




『疲れたら「コン」のつくものを喰え』
ダイコン、レンコン、コンニャク、ゴンボウ※ゴボウの方言・・・


昔から言い伝えられている食べ物の知恵が満載の要チェック本!




妻、親の資格について考える

獲らぬタヌキの皮算用。

相変わらずのプラトニック全開夫婦なので、心配することもないのだけれども、ふと、頭によぎることがある。

現在報道されている、タイでの代理母の騒動。
双子のダウン症の子の方だけを依頼主はひきとらなかったとか。
(いや。聞かされてなく知らなかったとか)

ダウン症。

私は自分の子がダウン症でも愛せるのだろうか?

ダウン症だけでなく、その他いろいろな障害があった場合、愛していけるのだろうか?

・・・・・・まるで自信がない。

いや、別に妊娠しているわけでも、なんでもないんで、深く考えなくていいんだけどさ。

でも、こういう発想になる時点で、なんかもう『親になる資格』が無いような気さえする。


受粉しなかった花は落ちる。
植物界は厳しいのだ。


目頭が熱くなる秀作。



--------------------------------

編集後記

世の中知らない事だらけで、時々異星人のような気持ちになります。
かといって、ネットや読書は目が疲れすぎるし。

つくづく文明の進歩人類の進化が追いついてないように思います。


本日のお勉強本。
世界各地で起こっている領土問題を分かりやすく説明してくれます。
全く世の中知らないことだらけです。







妻、後輩の彼を寝盗る

10歳年下の後輩には、一緒に暮らし始めて1年のがいる。

その彼と、私は、一ヶ月ほど前にちらっと顔を合わせただけの仲だった。

たったそれだけの関係なのに、彼の夢に、何故か私が出演したというのだ。

夢に出てくる人物は、それほど意味を持たない。

と、昔、夢占いの本で読んだことがある。

だけど、彼の彼女である後輩は悔しがる

「私は一度も夢に出たことがないのに!」
と。

許せ、後輩。
人妻熟女であるこの先輩があまりにも印象的で魅力的だっただけのこと
(私は彼の顔は覚えてないんだけども・・・)

いや、待てよ。
あの子は、私が日中カバン置きにしているに、私の退勤後、自分の下足をつっこんで帰るような『先輩いびり?!」をしでかす女や。

彼の夢に出てくるほど、私の陰口を彼の前でたたいてるんじゃあないだろうなぁぁ


----------------------------------

編集後記

昨晩は、ウッドデッキでランプの灯りの下、夫婦でパスタと白ワインを楽しむ。
今朝は、ウッドデッキで朝日に包まれながら、夫婦で妻手作りの焼きたてスコーンとミルクティーと楽しむ。

あたい、し・あ・わ・せ

普段、夫と二人の時はスカートの着用はほとんどしないのだけど、今日はスカート気分
きゃはぁ

いつもこの小麦粉を使っています↓
近所のスーパーにおいてあります。






性欲の五月病

勤めている会社がえらいことになってきた。

ベテランスタッフが次々と辞め、その不穏な動きを察したお客さんの足が遠のいていき、ついには、事業縮小をすることになり、さらにスタッフが辞めることになった。

2月からたった3ヶ月でこんなに、ガタガタと音をたてて崩れていくなんて。
中小企業ってなんて脆くて、頼りないものなんだろうか。

私はこの状況を静観している。

会社ってどういうふうに潰れていくのかしっかり見ておこうと思う。






-------------------------------


編集後記

こんなことがあってか、私のもともと無かった性欲が、さらに
そして、夫がこんな本を図書館から借りて読んでいました








 | ホーム |  »

プロフィール

          しったかだったか         

Author:          しったかだったか         
39歳。
夫との年の差14~15歳

出会いから20年
結婚14年
セックスレス
プラトニック暦16年
(結婚前からすでに…)

お互い性欲ゼロ!!

開設の理由 クリック!


↓ご訪問に感謝です!
  クリック!!

人気ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる