FC2ブログ

プロジェクト×××

セックスレス!?いえいえ、プラトニックです。

夫婦、標高3,026mでの別離

7月は結局ブログの更新が2度しかしてなかった。

何が忙しかったか?

・・・遊びに夢中でした。

夏山登山です。

毎度のごとく、前日の夕方に突然
「明日山いくゾ!」
から始まり、
「山小屋に泊まるゾ!」
または、
「テントで寝るゾ!」

「出発は朝5時だ

と、大慌てで準備×準備×準備。
休みにやる予定だった家事などをテキトーにやっつける。

それから、朝食、昼食、夕食、行動食、朝食、昼食をザッグにつめこむ。
そして3Lの水
これが重い。

早起きが得意でない二人なので予定通り遅れて出発。
目的に到着したらば、山から山へ縦走。

一昨日も1泊2日で山ごもりをした。

万年雪でスキーを楽しむ人々を見ながら、山頂に向かって登る。

到着した山頂3,026mで、ケンカをした。

理由は山から下りる時間について。
ただそれだけ。

自然をゆっくり堪能したい、ほっこり系
曇り&人が多くなってきた&別の山々も登りたい、雄雄しき

意見は真っ二つに別れ、
「勝手にしろ」
「勝手にする」
と行動を別にした。

そして夫婦が再び出会ったのはその3時間後。

無事に会えて良かった。
何せ車を運転するのは夫なので

しかし、わざわざ山の上でケンカせんでも。。
普段あまりケンカしない二人なのに。。。

でもそのおかげで長時間の帰途の車中も眠くなかったし、帰宅後の片付け、夕食作り、自分への宿題を、いつもの2倍速で終わらせた。

人の怒りパワーは時に良い燃料になるのだと感心した。



今読んでいる興味深い内容の本↓






-------------------------------------

編集後記

裏庭にアサガオを植えています。
アサガオは変異しやすいらしく、毎年自家採取した種から咲かせて、花の変異っぷりを楽しんでます。
今年はどんな花が咲くかな

と、いうことでバナーをかえました。

イチゴ鼻プロジェクトはまだまだ続いております。
難航中。
でも、オロナインH軟膏による秘儀は使わない予定。
※気になる方はググってみよう!




スポンサーサイト



妻、パイオツに悩む

市役所から乳癌検診のお知らせが届く。

その中の説明に「以下の自覚症状がある方は検診ではなく直接病院で受診してください」とあった。

・・・自覚症状

ある。

約12年程前に繊維線種という乳房の中にボール状の良性腫瘍ができる病気(?)で手術をした。

右の乳房には今もその時の手術痕が1センチほどのこっている。

実は左の乳房にも小さなものが2つあったが、腫瘍の核を1つ調べれば悪性か良性か分かるというので、当時一番デカかった右乳房のみの切除にした。

悪性だと癌

結果は良性だったので、癌ではなく、『繊維線種』ということでこの件は終了した。
(しかし、今思えば、この時期から私の性欲もごっそり切除されたのだった。)


あれから十数年たった今も、左乳房のしこり(2つ)はご健在

その上、右乳房にも2つ位復活しているようなこの感じ。

自分でチェックしてみましょう!
乳房の中にしこりがある

YES!

なんか、触った感じがちょっとゴツイんだよね~。
クリクリ、丸っとしていない。
これはヤバイ??

しかも、今年にはいってから何故か両乳房の皮膚に茶斑が数個あらわれていて、何これ?!状態

怖い

来月は病院へ行こう・・・


----------------------------------------

編集後記

体重が30kg代突入しちゃってることとか、夫に「死相が出てる」といわれたこととか、もしやこのせい?と思い始めてしまいます。

気のせいか、夫もいつもより優しく接してくれます。

先日は、背後から突然抱きしめられました。

普通の夫婦なら「あらん」という雰囲気になるのでしょうが、こちとら病人(かもしれない)なので「うおっ」と声をあげただけでした。

オヤジ化も進んでいます

妻、おじさんになる

最近、近所のスーパーで『素焼きのクルミ』を見かけない。
※無塩に限る

今年は冬中、毎日数粒づつ、美容の為(主に乾燥肌対策)食べていた。
春になったとたん常に売り切れている状態になった。
スーパーをはしごしているのに見つからない。

なぜだ。

内野りすが買い占めているのだろうか?
※プロフィールの写真参照 かわゅいイタズラをします

クルミロス症候群の為、梅雨だというのに肌がパリパリ

肌が荒れているとボサッと見える
夫には「おい、おじさん」。
と、本日二度も言われる

クルミ~
クルミ~
クルミはいねがぁ


とりあえず今日は代打でアーモンドを買った




図書館でこちらの本をリクエストしました。
内容紹介「アンチエイジング効果のあるおやつはクルミ
今をトキメクこの美容本。
もしやこのせい




-----------------------------------

編集後記

バラが美しい季節となりました
玄関脇のバラも咲き誇っています

いつも拍手をしてくださる私の紫のバラの人。
どなたかは存じませんが、深謝。


夫、女の名を連呼

妻は聞いてしまった。

先に帰宅していた夫が、シャワーを浴びながら他の女の名を大声で連呼していたことを。

裸体で女の名を連呼。


妻は台所でそれを静かに聞いていた。


お風呂から上がり、裸のまま台所へ入ってくると、

「きゃっ!誰アンタ」
と、夫は、長い手足で裸体を隠し、オネエ口調で驚いてみせた。


「……アンタ、ずっと女の名を叫んでたよ……」
と、妻がつぶやくと、

「こそこそ音がすると思ったらアンタか。おまえは、どろぼうか!」

と、夫はおどけ、そしてとぼけた。

「どろうぼうは、その女だろう?
と、妻が返すと、

「この女房きどりがっ!」
と、法律上認められた正真正銘の妻に向かって言うのだった。

にゃ~ん



漫画ばっかり紹介しているなぁ。
にゃ~んで、思い出した作品。
笑い終わった後に、何か自分もやらなきゃと燃えてくる名作♪





-------------------------------

編集後記

とはいえ、たぶん夫は浮気心が働いて口走っているわけではないと思います。(祈)


さて、花の季節の移り変わり、桜→花桃→リンゴの花となりました。
なので、ブログランキングのバナーを変えました









夫の誰にも言えない悩み

誰にもうちあけられない悩みがある。

帰宅するなり、夫が苦悩の表情を浮かべた。


そして、それは妻であり同僚でもある、私のせいであった。


昨年、私は花粉症の夫のアレルギー反応を少しでも緩和すべく「動物性たんぱく質を摂らない食事療法」に取り組んだ。
そして、その結果はまぁまぁで、味をしめた妻は今春は2月早々から開始した。

妻がいけなかった。
社内には花粉症持ちが数名いて、
「始まったよ・・」
と力を落とすのを聞く度、この食事療法の実績披露と奨励をした。

その為、本当は花粉症らしき鼻むずむずがあってっも、社内では妻の顔を立てるために、むずってないよの演技をしているのだという。

そんな優しい夫に、
「家では花粉症全開でいいんだよ」
と、とりあえず言ってみた





いやー今春始まるといえば、これっ!
オラオラオラオラオラオラオラオ
アニメ。さすがです。

しょこたんじゃぁないが、承太郎は間違いなく格好良いゼ





--------------------------

編集後記


夫と一緒に出かけていて、あんまりにも春の陽気が心地よいので、夫の手が私の腰に触れたとき、
(手、つなぎたいのかな?!)
と思い、手をそっと差し出したら、
「おまえ、今、オレのサイフ盗ろうとしただろう?」
と、盗人扱いされました。





 | ホーム |  »

プロフィール

          しったかだったか         

Author:          しったかだったか         
39歳。
夫との年の差14~15歳

出会いから20年
結婚14年
セックスレス
プラトニック暦16年
(結婚前からすでに…)

お互い性欲ゼロ!!

開設の理由 クリック!


↓ご訪問に感謝です!
  クリック!!

人気ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる