FC2ブログ

プロジェクト×××

セックスレス!?いえいえ、プラトニックです。

家庭内別夜

今夜、三月で一番楽しみにしていたことが終わった。

浅田選手のトリプルアクセルはすばらしかった。


彼女のフリープログラムを見ている最中、私は次のことを考えていた。



あの、ソチでのショートは、いまでも才能あふれる別格の彼女だが、その彼女がもっと高みへ行くための覚醒の瞬間だったのではないか。と。

ソチのフリー、一昨日のショート、今夜のフリーと、もう彼女は全く違う彼女にかわったように感じる。
内から放出されるエネルギーがすごい。


進退について、ハーフ・ハーフと語った彼女だが、今、正に開花したのではないか?

若い時の彼女の演技も美しかった。
しかし、上半身の硬さと腕がばさばさして見えることが多かった。

それが今はどうだろうか。

間違いなくスケート界1の美しさ。

それは彼女も実感しているのではないか。


彼女はソチのショートまでは、まだダイヤモンドの原石だったのだ。
そしてソチのフリーでダイヤモンドとなったのだ


本物は美しい。


美しさに、胸がトキメク。
私の感性が鳴り響く。


私も美しいものになりたい。


ちなみに家庭内引越しを済ませた夫は、二階で、新しく買ったオモチャ(ipad memo?)で遊んでいる。



それぞれの階で、それぞれの熱き夜を迎えている私達夫婦なのだった。





本日、同僚からかりてきた言わずと知れた胸キュン漫画の最高峰
最新刊です



------------------------------



編集後記

本日、別部門の後輩に
「漫画、描いているんですよね?」
と謎の質問をされました。

漫画は描いてませんが、漫画は好きです



スポンサーサイト



夫がいない

第一回「春の陣」は何事もなく終了してしまいました


昨日、確かにいい風が私の心の中にふいていて、家庭菜園や庭仕事をしている時も、まるで私の背中を押すような春の風が強く吹き付けていた。

イケル!


昼頃、家に戻ると、部屋から夫の机が消えていた。

妻の外出中に、夫が家出。

そんな言葉が頭によぎった。


夫は使っていない二階の部屋に机を移動していた。
これは夫の性質なのだ。
季節ごとに住む部屋を移動する。
そして私もそれについて回っている。

この借りている田舎の部屋は4DLと夫婦二人ですむには部屋数は充分すぎる。
もともと旅人気質な夫婦には、この家庭内移住は季節の恒例行事となっていた。


そんなことをしていると、同僚が遊びにやってきた。
早速、引っ越したばかりの、景色と日当たりのよい部屋へ通した。
そして三人で、お昼を食べ、まったりと夕暮れまで過ごす。

それから週に一度の買出しや、温泉をして帰宅。
今週分の作り置き料理を3つの鍋につくり、本日少しでもやろうときめていたことを手早く片付け……

はい、終了


昨日、私に励ましの拍手を下さった方!!
良い報告ができず、申し訳ありません

でも、本当にありがとうございました


次、春の風が心に吹いたなら……
思い切って頑張ってみたい





一粒口に入れたその日から、恋の花咲くこともある。
後悔しないおいしさ。
そんなに好きじゃなかったホワイトチョコですが、これは美味すぎ







-------------------------------

編集後記

寝室が変わると気分もかわり、また楽しいです。
本日も残業でしたが、休みだった夫が夕飯をこしらてくれていました。
充分これで幸せなのに、さらに子宝を望む私はナンなんでしょうか。





春の陣「今日言えそうかも?」

本日晴天也。
夫婦共に休日也。
春の陽気也。


夫がキラキラと見える。

私の気持ちがふんわりとしている。


あ…
なんか、今日言えるかも。
ずっと言えなかったこと。

「私、子供がほしい」
って。

素直な穏やか気持ちで。
心の底から何かが溢れてくる。



夫にわが子を抱かしてやりたい。
貧乏でも私達ならやっていけるよ。

(耐貧性は二人とも折り紙つき)
↑15歳年上のA型なので、経済的な理由で心を痛めていると予測。

たとえ、夫が先に死んでも、母子でテキトーにやっていくから心配いらないよ。
(15歳年上+男子の平均寿命を考えても夫の方が先に逝く確率高し)

あなたの子供がほしいです。

・・・と。


このまま気持ちを高めて、素直で穏やかな気持ちで伝えたい。

春よ。
力を下さい。





--------------------------------


編集後記

これまでの記事をカテゴリに分けてみました。

作業最後の方わけがわからなくなってきました




ブラよさらば

貧乳でも肩はこる。

肩こりから首痛、そして頭痛。
これが私のかつての負の連鎖だった。


ブラを捨てた。

おばさんへの入り口だと充分承知の上だ。



すぐに肩こりは解消した。


爽快~


かつてないフィット感。

さすが世界のユニクロ、ブラトップ♪


他社の類似品をよせつけない安定感。


ブラと離縁し早3年。
ブラの時よりもスタイルが良くみえるような気がしている。



夜のイメトレはバレリーナです。



有吉先生に敬意を表して↓
早速予約しました。





-----------------------

編集後記


2日ぶりの更新です。
ぼちぼちやってきます

自然淘汰

お弁当を食べた後、休憩室でゴロンと横になった。

ぼんやりと天井を見つめながら、自然淘汰について考える。

自然界では、強いもの、環境に対応できたもの、メスへのアピールに成功したものが生き残る。そして、そうでないものは淘汰されていく。


人間も自然界の一部である。
当然、見えないところで淘汰されている。


性欲が無い夫婦なんて、淘汰されてしかるべきだ。


そうか、私達夫婦は淘汰有力の種なんだな。
(注)このままいくと・・・


天井は答えをくれない。



植物は自身の成長に厳しい状況になったとき、核が花芽に変化する。
私達夫婦は厳しい状況ではない。(貧しくとも幸せに暮らしている)

だから生殖スイッチが二人とも入らないのではないか。


なまじ耐貧性があるのがいけない。





図書館で借りてきた漫画。
ずっと読んでみたかったやつです。














-------------------

編集後記


本日は朝からイライラしていた。
仕事でも朝一からイラつくことばかりで、最後はずっと文句をいいながら仕事をしていた。

帰宅すると・・・・
夫が漢メシ漢ケーキを作っていてくれた。
※硬派なご飯。例:野菜がなく、炭水化物とたんぱく質のみ。
※漢ケーキ。みためが硬派すぎるケーキ。飾り気ゼロ。量が多い。

脱力した。
持つべきものは夫である。


終りなき戦い

決めた。

私はプラーク・コントロールとなる

*プラーク・コントールとは、ブラッシング+フロッシング(フロスの使用)をしたり、プロの手でプラーク(歯垢)をとってもらったりして、プラークの量を減らす口内戦争



今朝、歯医者にいって愕然とした。

手鏡。
毛先が極細の歯ブラシ。
タフトブラシ。
歯間ブラシSS。
歯間ブラシSSS。
時々、フロス。
歯ブラシ後のデンタル・リンス。

この7種でもってしても、私の歯並びの悪い歯と歯の間では歯周病菌が暴れているらしい

歯周病(歯肉炎・歯周炎)は、虫歯どころか、早産の危険をも招きかねない悪いやつ。

歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接に悪さをするんじゃないか?と考えられているそうな。
高齢出産よりも早産の危険率が高いとか。

歯周病の原因は、ストレス、食習慣、運動や睡眠不足、歯磨き習慣(歯並び、口呼吸、歯ぎしり、悪いかみあわせ)などがあるそうだ。

※口呼吸については後ほどアップする!!


詳しくは、
日本臨床歯周病学会←クリック


子宝活動にプラーク・コントロールは必須技術なのだ!!


歯医者で購入した歯ブラシ







----------------------


編集後記

「次、歯医者行った時、あなたの分もこの歯ブラシ買ってくるね
との妻の言葉に、夫は素直に「うん」と頷いた。

「時々、私が磨いてあげる
との妻の言葉に、夫は突然「できるはずねぇだろ」と声を荒げた。

そう。
以前、歯間ブラシにハマった時、夫の歯をやってあげたのだが・・・・
歯垢が多すぎて、気持ち悪くなり途中棄権をしてしまったのだった・・・・

夫の敵は妻の敵

現在の夫の敵は花粉である。


妻はその夫を台所で支えている。

2月末から、花粉症のアレルギーがでないように、食事療法を試みている。
食べ物の動物性タンパク質が体内に残っていると、アレルギー反応がでると、本で読んだので、卵、肉、青魚以外の魚をぬかした料理を毎三食(昼は弁当)作っている。

さながらモルモットで実験をする研究員のようだ。


気合を入れるときには、エプロンではなく、割烹着がいい。

年末におしゅうとめさんから貰い、安堵感を覚えるしっくり感実用性に、うわつかない日本の美学を感じる。
そういうことで、絶賛、愛用中
(注:小保方さんを真似たのでは決して無い)



そして、妻はもう一つ切実に立ち向かっていることがある。
歯痛だ。

虫歯でもない。
歯周炎でもない。
レントゲンを何度とっても分からない。

4年越しのこの痛み、明確な原因が分からない。。。。



--------------------------

編集後記


あっ!!と。
本日は34回目の誕生日です。

今年も変わらず、夫はそのことに無関心です。
「今日、誕生日だよ」
と報告すると、
「おまえの誕生日は24日だろ」
というので、※付き合って14年目。
「17日だよ」
と確認すると、
「24日でいいじゃねえか」
と提案されました。


ブログランキングへのバナーをケーキに変えました!!




33歳最後の夜

成功体験をつむということは必要である。
※性交ではありません


脳は成功体験を積むことで喜び、活性化するという。


今朝、一つの成功体験例を目の当たりにし、嫉妬した。
そして、すぐに反省し、分析をし、どうしたら自分もそうなるかを考えた。


19歳から取り組み続けている私の本職がある。
実際は金になっていないので、仕事になっていない。


14年も全く評価されないのは、よっぽとセンスがないか、熱意が足りないか、努力不足かである。


まずその本職で一つ階段を登ること。
それで私は人間として認められ、子宝を授かる

それが私の目標。











-------------------------


編集後記


今週は3回、間違い電話をした。

①同僚へ仕事の確認で電話したら、知らないおじさんに繋がった。
②お客様へ電話したつもりが、幹部社員に繋がった。
③夫に電話したつもりが、社長に繋がった。

気をつけます。

愛にはやっぱり耳かき

夫に大事にされたければ、夫を大事にしなさい。

何かで読んだ言葉。


本当にそうだと思う。
自分ばかりの要求を夫に押し付けてはいけない。


まだいちゃこりゃしていた時期、私は夫(当時は彼)がよく催促をするので、耳かきをしてあげていた。

私の太腿で気持ちよさそうにする夫(彼)。
私は他人の耳の穴なぞ怖いし、作業後肩がこるのでそれほど好きではないのだけど、私達なりの大事な時間の一つだった。

それが14年(婚前6年+結婚8年)もの付き合いを経ると、面倒くさくて省略するようになってしまった。

最近、心を入れ替えて、その時間を大事にしようと思った。



太腿という部位は実に不思議だ。

かつて飼っていたも、一緒に暮らしていたリスも、私の太腿によく乗ってきたものだ。
そして、時々鼻先を股間に突き刺して、においをかぐ。
かがれた私はくすぐったいやら、はずかしいやらで、わゎゎとなる。

そして、何と、久しぶりに私の太腿に頭を乗せたまでもが、ふさげて、顔を股間に押し付けてくるではないか!


このことから耳かきスキンシップを実感したのだった。


たまに耳かきをしてあげようと思う。
そして、私の股間からあふれるフェルモンでその気になってくれ、私もつられてその気になれば最良だ


いろいろ使用してみたが、結局これに戻る↓




--------------------------------------


編集後記

今日の記事は20分で書けた!!
めざせ15分でハイクオリティ~



イメージの力

想像妊娠の話しではない

先日、1年に1度の健康診断を受け、視力が下がったことをきっかけに、来年の診断に向けて視力アップを目指そうと決めた。

その時、たどり着いたサイトで、視力を確実に上げる方法として、「見える」と思い込んでみるというものがあった。

実験した結果、やっぱり「見える」と思ってみると、視力検査が結果が良かったのだ


私はこの動画を見て、人間の脳は3~30%程度の使用率だということを思い出した。
人の潜在能力は計り知れないのである


目と脳は非常に密接なつながりがあり、「見える」と思うことで脳が働き、実際見えるのである。



これは、これからの人生に大いに使える技だと思う。

自分の望む将来を明確にイメージする。

そうすることで、脳が体をそのように仕向けていくのである。



私の望む近未来。
①まず、19歳から続けている「本当の仕事」が認められること。

②出会った頃のようなトキメキでもって、夫をみつめ、素直な心で「あなたの子供がほしい」と告げること。

③夫婦二人が自然な流れで体を重ね、子宝に恵まれること。

④「本当の仕事」と子育てを楽しむこと。

⑤一つ一つを楽しむことで、夫も幸せを感じてくれること。


言葉にすると、恥ずかしい。
しかし、言葉にしただけで、何故がときめく


私は無意識の言動ときめきの対象物は、その時の自分に本当に必要なことなんだと思っている。



もう一度つぶやいてみる。


私の望む近未来。
①まず、19歳から続けている「本当の仕事」が認められること。

②出会った頃のようなトキメキでもって、夫をみつめ、素直な心で「あなたの子供がほしい」と告げること。

③夫婦二人が自然な流れで体を重ね、子宝に恵まれること。

④「本当の仕事」と子育てを楽しむこと。

⑤一つ一つを楽しむことで、夫も幸せを感じてくれること。




できるだろうか?
いや、できる!!!!



-----------------------------------


編集後記

この本を図書館で予約してみた。





 | ホーム |  »

プロフィール

          しったかだったか         

Author:          しったかだったか         
39歳。
夫との年の差14~15歳

出会いから20年
結婚14年
セックスレス
プラトニック暦16年
(結婚前からすでに…)

お互い性欲ゼロ!!

開設の理由 クリック!


↓ご訪問に感謝です!
  クリック!!

人気ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる