FC2ブログ

プロジェクト×××

セックスレス!?いえいえ、プラトニックです。

妻、悲しき性(さが)

私は、まっこと人の話を聞くのが苦手である。

一応、相槌や聞いているふりはできるので、これまで大ごとにならずに社会生活をおくれてきたが、内心はいつも・・・

①「つまり、●●ってことでしょ?」
②「・・・飽きた。この作り笑顔がつらい」
③「つまらん話をするやっちゃな~」
④「そうとう自分に酔っとるなこの方」
⑤「早く終わらんかな」
⑥「それって、悩むとこなん?」
⑦「あ”~、この話、前も聞いたわ。何回目や!?」
⑧「・・・・・・・・・・・・・・・」 


だいだいが、こんなものである。

もしくは、好きな話題や友人なんかと話が盛り上がっている時は、話手の話の途中でツッコミをいれたり、気付けば「自分語り」が発動していて、後からちゃんと話を聞けてない自分に実にガッカリする始末である。

話上手より聞き上手。
沈黙は金、雄弁は銀。
下手の長談義。

分かっちゃいるけど、できない。

今、習っているコミュニケーションの技法にも、
相手により話してもらいやすい問いかけの技法を使い、
相手の話を否定しない。
まずは受容、次に共感。
相槌繰り返しの技法を使い、話を聞いてますよとアピール。

信頼関係をGET!

と、あるのだが、気が短いし、自己顕示欲も強い為、話の途中で自分の考えを語ってしまう。

気のせいか、高齢者は総じて私のような語り部タイプが多いように思う。
私の周りの高齢者はもれなくこのタイプ。
自分から問いかけてきたくせに、私がそれに答えている間に、割って入って脈絡オチもない自分話を長々として、自分だけスッキリした表情でフィニッシュ。

2025年、4人に1人が75歳以上となる超高齢化社会を迎える。
ということは、どんどん語り部タイプも増えていく。

今の時点で、めっちゃ語り部の私。
世の為、人の為、ひいては自分の為、なんとか今のうちから治せないものだろうか。


---------------------------------
編集後記

尚、習っているコミュニケーションの技法の一つに「沈黙をおそれない」というのもある。

―――沈黙をおそれず、相手の回答を待つ。

鞘(サヤ)に手をかけた武士のような緊張感


とりあえず、まだ引越しはなさそうです。
そして、拍手の君、いつもありがとう!!!
ささやかですが、拍手のお返しをさせて頂きます!



猫好きに勧めたい本。


転職の参考に?!


尼さんをミソ言っちゃってる本。


スポンサーサイト



 | ホーム | 

プロフィール

          しったかだったか         

Author:          しったかだったか         
39歳。
夫との年の差14~15歳

出会いから20年
結婚14年
セックスレス
プラトニック暦16年
(結婚前からすでに…)

お互い性欲ゼロ!!

開設の理由 クリック!


↓ご訪問に感謝です!
  クリック!!

人気ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる